脳 血流改善 サプリ

脳の血流改善するサプリメントってある?

脳の血流改善にサプリは効果ある?

脳の血流を改善するサプリメントを活用しよう!

 

頭がぼんやりする、物忘れがひどくなってきたと感じることはありませんか?

 

脳は血液から糖質や酸素を取り入れて働いているため、血流が悪くなるだけでも脳の働きは低下します。

 

そのため、加齢やストレス、運動不足などで血行不良になると、物忘れや集中力不足を招くことがあるのも当然なのです。

 

そんな方におすすめなのがDHA・EPAを配合したサプリメントです。

 

DHA・EPAは魚の脂に含まれる成分で、血液をサラサラする効果が期待されているのですが、なかなか食事だけで摂るのは難しいもの。

 

だから、積極的にDHA・EPAを摂りたいならサプリメントがぴったりなんです。

 

そこで、脳の血流を改善したい方におすすめのDHA・EPAサプリメントのおすすめランキングを紹介しましょう。


脳の血流を改善したい方におすすめのサプリランキング

 

脳の血流を改善したい方に一番おすすめのサプリ

きなり(さくらの森)の特徴

脳の血流を改善したいけど、どんなサプリメントがいいかよくわからないという方にもおすすめできるのが、こちらの「きなり」でしょう。

きなりは青魚のサラサラ成分であるDHA・EPAを510mg配合しているので、厚生労働省が推奨する1日あたり1,000mgの約半分のDHA・EPAを摂ることができます。

また、納豆のサラサラ成分であるナットウキナーゼ、さらにEPAの10倍のサラサラパワーを持つと言われているDPAも配合しています。

価格は初回は60%以上の割引になり、しかも返金保証もついてくるので、初めての方でも安心して試すことができるでしょう。

価格 初回1,980円
評価 評価5
備考
  • 初回67%OFF
  • 15日間の返金保証付き
  • 酸化しにくいクリルオイルを採用
  • サラサラ成分ナットウキナーゼを配合

脳の血流を改善するサプリなら大正製薬のDHA・EPA

大正DHA・EPA(大正製薬)の特徴

こちらは知名度の高い大正製薬が作ったDHA・EPAサプリメントで、1日でDHA・EPAを600mg摂ることができます。

劣化しやすいDHA・EPAの欠点をカバーするためにアルミによる個別包装を採用して、質の低下を防ぎつつ、持ち運びや外出時の使用を簡単にすることで、どんな時でも続けられるよう工夫されています。

さらに体内でDHA・EPAの吸収を高めるために、薬品製造技術を応用したソフトカプセルを採用しています。品質や安全性といった面では、やはり大手メーカーのものは安心感がありますね。

価格 初回1,000円
評価 評価4
備考
  • 大手薬品メーカーの大正製薬が開発
  • 初回75%OFF
  • 酸化防止のためにアルミで個別包装
  • 吸収しやすいソフトカプセル

脳の血流改善にDHA・EPAをたくさん摂るなら美健知箋

美健知箋EPA&DHAの特徴

美健知箋も栄養ドリンクなどで有名な佐藤製薬の作ったDHA・EPAサプリメントで、1日に摂れるDHA・EPAの量が他のサプリに比べてかなり多いのが特徴です。

1日分でDHA・EPAを750mg摂ることができるので、仕事などが忙しくてどうしても偏った食事ばかりになってしまうという方におすすめです。

吸収力を高めるために特許技術を応用したシームレスカプセルを採用している点も魅力で、1日分ごとにスティック包装になっているので、こちらも持ち運びは外出時の利用が大変便利です。

価格 初回1,000円
評価 評価3
備考
  • 初回84%OFF
  • 1包でDHA・EPAが750mg
  • 吸収しやすいシームレスカプセル
  • スティック包装なので持ち運び便利

脳の血流が悪くなる原因とその影響

脳の血流を改善するサプリが必要なのはなぜ

脳の血流は悪くなると、命に係わる病気になってしまうことはもちろん、そこまでひどくないにしても集中力が持続しなくなったり、忘れやすくなってしまったりすることが多くなってしまいます

 

そのため、健康維持のためだけでなく、ど忘れなどによる余計なストレスをなくすためにも脳の血流を改善することはとても大切です。

 

そこで、脳の血流が悪くなる原因とその影響について詳しくみていきましょう。

 

脳の血流が悪くなる原因

脳の血流を改善するサプリが必要になる状況

脳の血流が悪くなってしまうのはどうしてでしょうか?

 

これは脳に限らず体全体の血流と同様に、運動不足や食生活の偏りによって血液がドロドロになってしまうということが主な理由です。

 

そして、中高年の方に特に多いのは血液がドロドロになってしまうということでしょう。

 

ある程度の年齢になると若い頃よりも運動量が少なくなってしまうのは仕方がないのですが、運動量が減っても食事の量はそれほど減らないものなので、どうしても脂質などの摂取が多くなりがちなのです。

 

一度摂取した脂質は分解されて血液内に取り込まれるのですが、脂質は常温で固まってしまうため、血液中に脂質が増えると血液がドロドロになってしまうのです。

 

そのため、健康診断などでコレステロールや中性脂肪の値が高いといわれている方は血液がドロドロになり、脳への血流も悪くなってしまっている可能性が高いのです。

 

脳の血流が悪くなったときの身体への影響

脳の血流を改善するサプリを使わないとどうなる?

脳の血流が悪くなって詰まってしまうと、誰もが知っている脳梗塞などの命に係わる症状を引き起こしてしまいます。

 

ただ、実際に多く方は脳の血管が詰まるほどではないけど、何となく頭が冴えない、スッキリしないという感じなのではないでしょうか?

 

脳というのは血液から運ばれる酸素とブドウ糖をエネルギーとして使っているため、血液の流れる量が少なくなるだけでも、頭がボーっとしたり、忘れやすくなったりしてしまうのです。

 

特に一時的な記憶を保持する機能のある海馬は、ちょっとした血流不足でも働きが低下してしまって、相手がちょっと前に話した内容を覚えていなかったり、頼まれごとを忘れてしまったりしやすくなってしまうのです。

 

このように脳の血流不足の初期の段階であっても、日常生活や仕事をするうえで様々な弊害を引き起こす可能性があるので、血液をサラサラにする効果が期待できる成分を配合したDHA・EPAを配合したサプリメントなどを積極的に利用するといいでしょう。